全労済ホール/スペース・ゼロは、全労済が社会文化活動の一環として設立した施設です。芸術文化活動をはじめ、多くのみなさまのご利用をお待ちしております>。

山崎バニラの活弁大絵巻2018《全労済組合員》

2018年1月よりテレビ東京系にて放送中のアニメ
『ポチっと発明 ピカちんキット』のポチロー役をはじめ、『ドラえもん』のジャイ子役、『妖怪ウォッチ』のキン役など声優としても活躍している
活動写真弁士の山崎バニラによる『山崎バニラの活弁大絵巻2018 』。
今回は、『子宝騒動』(1935年)と『臨時雇の娘』(1923年)の
2本をお届けします。


大正琴とピアノを弾き“ヘリウムボイス”と呼ぶ
独特の声で語るバニラワールド”を是非お楽しみください。

日程

山崎バニラの活弁大絵巻2018~突貫マザー~

2018年3月18日(日) 14:00開演
※13:30開場

※上演時間=約2時間 [休憩あり]

あらすじ

第一部 『子宝騒動』


監督は喜劇映画の神様と呼ばれた斎藤寅次郎、
主演は和製チャップリンと称される小倉繁。

福田家では間もなく七人目の子宝に恵まれる予定だが、福田さんは失業中。
産婆を呼びに行っても、六人分の取り上げ料も払っていないと断られてしまう。その産婆はなんと男爵家の豚のお産へ。
「うちの女房も豚に生まれてくればよかったのに」と嘆きつつ、なんとかしてお金を作ろうと四苦八苦。途方に暮れる福田さんの目の前に、遂に金運がめぐって来た。

福田家の楽しい騒動を大正琴弾き語りでお届けします。

第二部 『臨時雇の娘』


「喜劇映画を発明した男」と呼ばれる名プロデューサー、マック・セネットと、
映画界初のコメディエンヌ、メーベル・ノーマンドが組んだ長編作品。

メーベル扮するスーは女優に憧れハリウッドへ。
しかし別の写真を送っていたため衣装係として働くことに。
馬車の追っかけや、撮影スタジオでライオンが巻き起こす騒動などのスプラティック・コメディはもちろん、詐欺師とのスリリングな駆け引き、幼馴染とのラブ・ストーリーなど見どころ満載のメロドラマ。最後にスーが選んだ道とは…。

感動大作をピアノ弾き語りでご覧いただきます。ロビー展示、スライド解説も行います。

プログラム

第一部 約45分
『子宝騒動』制作年:1935年
(松竹キネマ蒲田製作所作品)

休憩 約10分

第二部 約65分
『臨時雇の娘』制作年:1923年
(パテ・エクスチェンジ=アソシエイティッド・エキシビターズ作品)

ご招待・ご優待

全労済組合員の皆さまへのお得な特典情報

 

 

当日の入場の詳細についてはこちら

主催/制作/協力

<主催>全労済
<制作>(株)スペース・ゼロ
<協力>喜劇映画研究会/マツダ映画社

山崎バニラ公式ホームページ
http://vanillaquest.com/

お問い合せ

全労済ホール/スペース・ゼロ
TEL 03-3375-8741(平日10:00~17:00)

ページトップ