全労済ホール/スペース・ゼロ スーパーバイザー野村萬斎「新宿狂言2017」



スーパーバイザー 野村萬斎 新宿狂言 Vol.18
 「新宿狂言」は、スーパーバイザーの狂言師野村萬斎 さんとスペース・ゼロのコラボレーション企画として、能 楽堂を離れた演出空間で行う「劇場狂言」の草分けとし て1994年に始まりました。日本を代表する伝統芸能「狂 言」の魅力を損なうことなく、舞台美術や照明、音響、 映像効果を取り入れた構成と演出によって、狂言本来の 面白さとともに現代に通じるテーマ性を浮かび上がらせ ようとする狂言公演です。  毎回、野村萬斎師の斬新な構成・演出で表現する舞 台が好評を得て継続、2011年、16回目の公演をもって 一旦休止となりましたが、2016年、5年ぶりに『再生』 をテーマに復活公演を行いました。
再び日本が誇る人間 讃歌のヒューマンコメディ「狂言」の可能性を追求します。


~うそッ!~
昨今は、にわかには信じられないようなうそやまやかし が世の中にあふれていると感じます。古典芸能の狂言に も様々なうそや偽りが題材となっている演目が数多くあり ます。そのうそに端を発して、だまし、騙される市井の人々 が大勢登場します。しかし狂言で描かれるうそは、現代 の救いようのない、悪意に満ちたそれとは違って、笑い の裏に教訓や警句が潜んでいたり、シャレや愛嬌といっ たものが感じられます。狂言が時代を超えて共感を得な がら親しまれている理由のひとつだと思います。
 新宿狂言vol.18で取り上げたのは、思わず「うそッ!」 と言いたくなる二曲。狂言「千鳥」と木下順二原作の狂 言による「彦市ばなし」です。  「彦市ばなし」は、熊本県の昔話をもとに木下順二が 書いた民話劇。1955年、野村万作師らの出演によって狂 言様式で初演されて以来、繰り返し上演されている大人 気作品。
 ライブ・パフォーマンス「狂言」の真骨頂にご期待く ださい。

第1部

狂言「千鳥」
あらすじ
主人から付けで酒を買ってこいと命 じられた太郎冠者。これまでの支払い が溜まっているため酒屋もなかなか酒 を譲ってくれません。そこで太郎冠者 は津島祭の話を取り上げて、子どもた ちが千鳥を捕る様子や、流鏑馬で馬を 操る仕草を調子よく囃しながら、その 隙に酒樽を持ち去ろうとしますが…。

狂言による「彦市ばなし」

あらすじ
嘘つき名人の彦市は天狗の子から 隠れ蓑をだまし取り、殿様からは河童 を釣るためと嘘を言って鯨肉と天狗の 面をせしめる。すべてがうまく運ぶかと 思いきや、だまされたことに気づいて 隠れ蓑を取り戻そうと追いかけてきた 天狗の子に、鯨肉と天狗の面を取り返 されてしまう。さらに、隠れ蓑は何も知 らない妻に燃やされてしまってさぁ大 変! どうする彦市…。
第1部

《チケット料金》
6,500円
(全席指定・消費税込)
※未就学児の入場はご遠慮くださいますようお願いいたします。

《チケット発売日》
2017年10月14日(土)10:00~


《チケット取扱い》

スペース・ゼロチケットデスク
http://www.spacezero.co.jp/

CNプレイガイド
0570-08-9999(10:00~18:00)
http://www.cnplayguide.com/

チケットぴあ
0570-02-9999【Pコード:480-929】
http://pia.jp/t/(PC・携帯)
チケットぴあ、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの各店舗で直接販売

e+(イープラス)
http://eplus.jp(PC・携帯)
ファミリーマート各店舗(店内Famiポート)で直接販売

Confetti(カンフェティ)
0120-240-540 ※通話料無料(平日10:00~18:00)
http://www.confetti-web.com/


[主催・全労済ホール/スペース・ゼロ]
企画制作:株式会社スペース・ゼロ
協力:万作の会
[お問い合わせ] 全労済ホール/スペース・ゼロ 03-3375-8741(代) (平日)10:00〜17:00






Copyright(c)2008 SPACEZERO Co. All Rights Reserved.