全労済ホール/スペース・ゼロは、全労済が社会文化活動の一環として設立した施設です。芸術文化活動をはじめ、多くのみなさまのご利用をお待ちしております>。

ふくしま大熊・会津まち物語コンサート 絵おと芝居


東京電力第一原発事故により東日本大震災の直後に発生した
東京電力第一原子力発電所の事故。
大熊町からの避難者を会津若松市は温かく受け入れてくださっています。
『おおくま町物語伝承の会』は会津若松市避難に至った経緯、
そして恩返しとして会津若松市の良さを音楽と絵、踊りや芝居で紹介します。


公式ホームページ(外部サイト)

日程

2019年1月24日(木) 開演19:00
※開場は開演30分前

出演者

おおくま町物語伝承の会/
梶川純司(篠笛)/川本高虎(津軽三味線)/館野元彦(芝居)/
岬花江(唄)/歌川重雄(唄)/千葉静江(唄)  ほか

おおくま町物語伝承の会…福島県双葉郡大熊町で活動していた日本舞踊グループ「寿蘭会」が中心となり結成した語り部グループ。東日本大震災や故郷の民話などを紙芝居や日本舞踊、民謡で伝え、避難者の心の支援、震災の風化防止のため会津若松市を拠点に活動している。

プログラム

チケット情報

◆料金
〈前売り〉
一般 2,000円/高校生以下 1,000円
〈当日〉
一般 2,500円/高校生以下 1,500円
※全席自由/消費税込

◆チケット取り扱い
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
スペース・ゼロチケットデスク (インターネットのみ)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
Peatix( ピーティックス)
https://matimonogatariseisakuiinkai.peatix.com/
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
劇団銅鑼(担当:佐久)でのチケット購入
【電話】03-3937-1101 (平日10:00~18:00)
​【Fax 】03-3937-1103
​【メール】hiromi6198@gmail.com
メールでお申し込みの方は、件名に「絵おと芝居チケット申込み」と記載してください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

同時開催

《恩返し展》
会津若松の魅力を大熊町の避難者がパネルで紹介するほか、福島第一原発事故からの避難をテーマにした生け花を展示します。

会  場:全労済ホール/スペース・ゼロB1ギャラリー
開催日時:2019年1月24日(木)11:00~20:00

主催/共催/後援/協力

〈主催〉
おおくま町物語伝承の会
〈共催〉
まち物語制作委員会、全労済ホール/スペース・ゼロ
〈後援〉
復興庁、会津若松市、会津若松市教育員会、大熊町、大熊町教育委員会
労働金庫連合会、福島民報社
〈協力〉
KANAEプロジェクト、劇団銅鑼

お問い合わせ

(社)まち物語制作委員会 (担当:福本)
Tel 090-9734-9389
Mail matimonogatari@sky.megaegg.ne.jp

ページトップ